age managment

文字サイズ small base big

日本エイジマネージメント医療研究機構 抗加齢医療の健全な普及に向けて

イベント&セミナー 詳しくはこちらから
ハッピーエイジングとは 詳しくはこちらから
HOME > ハッピーエイジャー対談 > バックナンバー一覧 > 第4回(後編)林真理子さんのバイタリティの秘密

ハッピーエイジャー対談

第4回(後編)林真理子さんのバイタリティの秘密

作家

林 真理子

作家 林 真理子
田中舘

林さんは、多趣味でいらっしゃいますよね?

以前は日本舞踊やゴルフなどを一生懸命やっていたんですけど、子どもができてからは時間の余裕がなくなってしまって……。
先日、久々にゴルフをしたのですが、ひどいものでした(笑)。もう、できないですね。

田中舘

最近、楽しんでいるものはありますか?

最近だとオペラですね。

田中舘

オペラですか?

はい。 先生について習っていて、この前はイブニングドレスを着てステージにも立ったんですよ。

田中舘

本格的ですね。

とことんやりたい性格なもので、何事も先生についてしっかり習うことが多いですね。
それに、始めると長続きする方ですね。続けているといえば、ワインの会もそうですね。

田中舘

ワイン、お好きなんですか?

味の方はかわいそうなくらいわからないんですけど(笑)。

田中館

以前、とあるワインの会でワイン通を自認する方々と試飲会をしたのですが、当たらない人が多くて。ちなみに私は3位でしたけど(笑)、案外、ワインの味なんてそんなものなのではないですか。
ちなみに、林さんが参加しているワイン会とはどのようなものなのですか?

私たちのは、そんな大層なものではなくて、それぞれが“これぞ”という一本を持ち寄って楽しむというものです。参加人数もせいぜい5〜6名程度なので、丁度一杯ずついただくという感じです。お代も割り勘ですし。

田中舘

そういえば、前回、平日はほぼ毎日、会食の予定が入っていると話していましたよね?
食事に対するこだわりはありますか?

最近は忙しくて、もっぱら楽しみと言えばお酒、特にワインと食事になっているので、ダイエットが一向に進まず困ってます。おいしいものほど、食べ方を気をつけないとは思っているのですが……。
本当、体に悪いものに限って“なんておいしいんだろう”と感じるものが多いんですよね。

田中舘

確かに欲望に任せて食べていたら、健康を害しかねないですよね。

本当に。とはいえ、体にいいからと言ってカロリーコントロールされた野菜料理ばかりでは飽きてしまうというか。
マクロビオテックも体調という点では非常にいいのですが、やっぱりラーメンとか脂っこいものも食べたいですし。

田中舘

わかりますよ。私もフライドチキンが食べたくて仕方なくなるときがありますから(笑)。

食事って、何を食べるかということも大切ですが、一番は誰と食べるかだと考えています。
だから、会食も基本、仕事関係の人とはいきません。他の作家さんの噂話など、どうしても仕事がらみの話になってしまいますから。それよりは、違う分野の方々や友人など、気の合う仲間たちと楽しむ方が、心にも体にもいいと思っています。

田中舘

同感です。 健康というのは、心と体のハーモニーが重要ですから。お話を聞いていると、本当に忙しい様子が伝わってくるのですが、心の健康(気分転換)はどうしているのですか?

忙しいときに限って仕事を頼まれるものなんですよね。そういうときこそ、楽しいときに意識して仕事のスイッチをオフにするよう心がけています。

田中舘

その切り替えに有効な方法はありますか?

とにかく寝るというのが私のリフレッシュ方法の一つです。
私が尊敬している作家の田辺聖子さんが、「一番大切な才能は、一晩たったら忘れられること」と言っているように、嫌なことがあったらひとまず寝ることで切り替えるようにしています。
仕事でも“もうダメだ!”と思ったら、まずは寝て、その分早起きしてやっています。
お陰で“今度こそダメだ”と思いながらも、一回も穴をあけることなくちゃんとやり遂げることができています。

田中館

また、そういう達成感が明日のエネルギーチャージになりますよね。

その通りだと思います。

田中館

ちなみに、林さんの目標はどのようなものですか?

50代で代表作を書くことですね。お陰様で早い段階で直木賞をはじめとする数々の賞をいただきまして幸先の良いスタートを切らせていただいたのですが、今は選考員という若い人たちを世に送り出す立場になっているので、私たちの方も問われていると思うんです。
選評する者の責任として本業(作家)を極めていきたいと思っています。

田中館

期待しています。では最後に読者にメッセージをお願いします。

できるだけいろんな経験をすることだと思います。
私は自分が死ぬ時に女に生まれて良かったと思って死にたいと考えています。30代で結婚、家庭を持つことにこだわったのも仕事だけではなく、いろんな経験をしたいと思ったからこそ。ぜひ、諦めたり、拒んだりしたりすることなく、様々なことにチャレンジして欲しいと思っています。

田中館

本日はありがとうございました。

〒106-0032 東京都港区六本木5-1-3 ゴトウビルディング 1st 6階 TEL 03-3478-7111 FAX 03-3478-7125
Copyright 2007. 日本エイジマネージメント医療研究機構. All rights reserved.