age managment

文字サイズ small base big

日本エイジマネージメント医療研究機構 抗加齢医療の健全な普及に向けて

イベント&セミナー 詳しくはこちらから
ハッピーエイジングとは 詳しくはこちらから
HOME > ハッピーエイジャー対談 > バックナンバー一覧 > 第2回(前編)年を重ねてこなければ理解することができない真意とは?

ハッピーエイジャー対談

第2回(前編)年を重ねてこなければ理解することができない真意とは?

ブリキのおもちゃ博物館 館長

北原 照久

当機構の田中舘理事長が、毎回、各界で活躍する素敵な方々をお招きしてエイジマネージメントをテーマに語り合う「ハッピーエイジング対談」。
第2回目のゲストは、10月10日(水)に開催された「age LifeUP College」で、ライフアップ・デザイナー(講師)を務めていただいた北原照久さんです。北原照久さんといえば、ブリキのおもちゃコレクターとして有名ですが、実は、自他共に認める「夢を叶える達人」としても知られています。 Vol.1では、同学年のお二人に「年齢を重ねたからこその醍醐味」について語り合っていただきました。
ブリキのおもちゃ博物館 館長 北原 照久
田中舘

いきなりで恐縮ですが、お幾つでいらっしゃいますか?
聞いたところによると、同じ年らしいのですが……。

北原

今、59歳です。

田中舘

今年、59歳になられたということですか?そうすると、ひとつ下になるのでしょうか。

北原

あっ、僕は早生まれなんです。

田中舘

ということは、同学年ということですね。

北原

はい(笑)。

田中舘

同学年同士、ということもわかりましたし、ここからは気軽に楽しくお話させてもらえれば、と思います。
では、早速始めさせていただきます。自分で言うのもなんですが、私もかなり若い方だと思いますが、北原さんも、本当にお若いですよね。

北原

今はまだアイドリング中ですから(笑)
僕は60歳からが本当のスタートだと思っているんですよ。よく引用している言葉なんですが、「50、60は花ならつぼみ、70、80は働き盛り、90でお迎えが来たら100まで待てと追い返せ」ってやつです。

田中舘

一般企業では60歳といえば、定年を迎える年齢ですが、人生はまだまだこれからですよね。
私もこの年になって、エイジ(日本エイジマネージメント医療研究機構)を立ち上げたわけですが、今まで様々な経験をしてきた今、今度は社会に還元したいと思ったからなんですよ。

北原

素晴らしい。
高齢化社会の今、50代・60代なんて人生、まだまだ序の口。「70代、80代こそ働き盛り」くらいの気持ちでいなくては!
僕はよく多趣味だと言われますけど、それらを始めたのも、すべて50歳を過ぎてからなんですよ。

田中館

どんなことを始められたんですか?

北原

サーフィン、ダイビング、ゴルフにエレキギター……。

田中館

以前にやっていたのを再開した、というのではなく、すべて一から始めたものばかりですか?

北原

もちろんです。
しかも、かじっている程度じゃないですよ(笑)エレキギターに関して言えば、あの寺内タケシさんや、ワイルドワンズの鳥塚繁樹さんともセッションしてますし、先日なんか、憧れの加山雄三さんと1万人の観客の前で演奏したんですよ。
もう「どうだ!」って感じで(笑)。

田中舘

それはすごい!その原動力はどのようなものだと思っていますか?

北原

田中館さんもそうだと思うのですが、“好奇心”を持ち続けることが一番だと思っています。興味・関心があるなら、「もう年なんだから」なんて言い訳をせずに「自分でもできる!」と、チャレンジするに限りますね。
年齢を“やらない理由”にあげているようでは、本当に老けこんでしまいかねません。言霊の影響ってありますから。

田中舘

その通りだと思います。でも、年齢を重ねてきたことで衰えてきた、と感じることはありませんか?例えば、物忘れがひどくなるとか……。

北原

僕にはそれはないですね。むしろ、記憶力は今が最盛期ですよ。
年を重ねるごとに記憶力の枝、というかポケットが増えていく分、記憶力が良くなっていますよ。

田中舘

さすがの私も北原さんにはかなわないな、記憶力に関しては。

北原

(笑)

田中舘

さて、ちょっと話題を変えて、我々ともに還暦間近ですが、この年になって良かったと感じることはありますか?

北原

いろんなことが理解できるようになる、ということでしょうか。

田中舘

例えば?

北原

そうですね、例えば、俳句とか。
最近、言葉のコレクションにも凝っているのですが、西東三鬼の句に「おそるべき君等の乳房夏来る」というのがあるんですが、子どもの頃は、その良さが全く理解できませんでしたから。それが今、改めてこの句を読み返してみると、戦後、女性たちのファッションがどんどん自由になり薄着になった女性たちの胸元から夏を感じ取れる喜び、平和への感謝の心がひしひしと伝わってくるんです。

田中舘

経験を積んできたからこそ、物事の解釈に深みが増すというんでしょうか。
年を重ねてこなければ理解することができない真意があると私も思います。

北原

この年になってわかるのは、現代は不足が不足している、ということ。
僕は、若い頃、海外にスキー留学をしているので……。

田中舘

北原さんも若い頃、海外に行っているんですか?実は私も、若い頃に海外を旅していた経験がありまして。

北原

奇遇ですね。

田中舘

第2回では、その辺の話から伺うことにしましょう。

〒106-0032 東京都港区六本木5-1-3 ゴトウビルディング 1st 6階 TEL 03-3478-7111 FAX 03-3478-7125
Copyright 2007. 日本エイジマネージメント医療研究機構. All rights reserved.