age managment

文字サイズ small base big

日本エイジマネージメント医療研究機構 抗加齢医療の健全な普及に向けて

イベント&セミナー 詳しくはこちらから
ハッピーエイジングとは 詳しくはこちらから

エイジマネジメント最新情報

2008年11月の最新情報

ageレター Vol.6 ≪身体機能の回復改善による健康増進技術の研究開発≫について

協力:経済産業省 産業技術環境局

各省庁の取り組みをテーマ別にご紹介するシリーズ ageレターVol.6 です。


◆今回ご紹介するのは、高齢になっても健康で自立的な生活を維持するために
人間の諸機能を回復する技術を開発する施策です。
健康寿命の延伸は実効労働力の低下を防ぐことにつながります。
経済産業省の担当局より、現状について下記の報告がありましたのでご覧下さい。


≪身体機能の回復改善による健康増進技術の研究開発≫


施策・事業の概要:


活力をもって社会参画ができる高齢社会を実現するために
日常生活の中での健康状態を評価し、それに基づき
行動時の高い活動性と効率よい休息・睡眠時での機能回復性を
実現する技術を開発する。


20年度予算額:642.3億円の内数(運営費交付金)


∧篏金先:産業技術総合研究所


施策の結果:
・健康状態を評価するため、血圧計の測定原理を応用し
 簡易に動脈硬化度を計測できる装置の開発を行った。


・運動機能改善における視覚刺激及び運動習慣の影響を研究した。


・様々な環境化における睡眠効率の研究を行った。

★機構より

―近い将来、自分で動脈硬化度が計測できる―


今年から特定健診もはじまり
国民の健康意識の向上に伴って
内臓脂肪や筋肉量まで計測できる体組成計や
尿糖計、心電計など
家庭で測定できるヘルスケア商品が数多く出回っています。


また、商品とネットのサービスを組み合わせて
健康管理に役立てるサービス(有料)もあり
正しく・カンタンに・楽しく健康管理ができるような
サポートシステムも充実しつつあります。


健康状態を維持するためには
個人レベルで日常的に
健康状態をチェックすることが重要です。


産業技術総合研究所の研究グループは
これまで医療機関でなくては計測できなかった動脈硬化度を
血圧計を利用して誰でも簡易に計測できる装置の開発に成功しました。


現在は研究用途に限定して製品化されていますが
今後は病院向けや一般家庭に普及させることを目標としています。


自宅で簡単に動脈硬化度を計測することが可能になれば
脳卒中や心筋梗塞などの予防に役立ち
活力ある高齢化社会の実現や医療費削減につながるということです。


2015年に65歳以上が総人口の25%を越す
超高齢化社会となるわが国において
このような健康増進技術の研究開発は
今後ますます必要な分野といえるでしょう。


*詳細はこちら
産業技術総合研究所 '血圧計を応用した動脈硬化度の計測'
http://www.aist.go.jp/aist_j/aistinfo/aist_today/vol08_05/vol08_05_p22.pdf#search=

〒106-0032 東京都港区六本木5-1-3 ゴトウビルディング 1st 6階 TEL 03-3478-7111 FAX 03-3478-7125
Copyright 2007. 日本エイジマネージメント医療研究機構. All rights reserved.